ギャンブル依存症について

ギャンブル依存症の定義

ギャンブル等依存症対策基本法によると「パチンコや公営競技のような賭け事にのめりこむことにより日常生活又は社会生活に支障が生じている状態」と定義されています。

ギャンブル依存症の症状

「賭けることを楽しむ」という当初の健全な動機が別の動機にすり替わることが発症の引き金です。すり替わる動機としては次の4項目が挙げられます。

  1. 負けを取り戻す(負け追い)
  2. より強い興奮を味わう
  3. イライラ・ゆううつ感を解消する
  4. 賭けていると落ち着く
  5. これらの動機には「楽しくなくなった(飽きた)から止める」という自然の歯止めが効きません。それゆえ遅かれ早かれ、

  6. ギャンブルに関することが頭から離れない
  7. 上手に加減できない
  8. というとらわれの状態に陥ります。その結果、

  9. ギャンブル関連の嘘
  10. 大切な人間関係の危機
  11. ギャンブルを原因とした借金
  12. が生じます。

DSM5(精神障害診断基準集:米国精神医学会作成)では上記の1~9のうち4つ以上が満たされた場合に「ギャンブル障害」と診断します。このうち「負け追い」は重要な鑑別症状です。

お電話での
ご相談はこちら

0120-683-705 年中無休・24時間受付0120-683-705 年中無休・24時間受付
オペレーター

サポートコールでは専門のカウンセラーがご相談をお聞きいたします。
お悩みの方、ご家族の方など、どなたでもご相談ください。